JSDF TRI FORCE|JSDF トライフォース

「陸」「海」「空」自衛隊の協力で実現した
オール自衛隊結集モデルが誕生。  

「TRI FORCE」(トライフォース)は陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの力を象徴するKENTEXによる造語。世界各国の罹災地支援、ひいては世界の平和に貢献するすべての自衛隊員の誇りを具現化するウォッチでありたいという願いを込めている。苛酷な訓練や任務下における隊員の信頼できる相棒であること、見るたびに矜持と勇気を蘇らせてくれるウォッチとは、どうあるべきか。その理想の姿を隊員とともに追求してきた。その長く深い信頼関係こそが、KENTEXのJSDFウォッチを継続的に「防衛省本部契約商品」たらしめている由縁なのである。

trf1

「次世代ミルスペック」
二世代目トライフォースの必然的進化。

陸上自衛官、海上自衛官、航空自衛官の誰もがうなずく機能という条件を満たすために、新トライフォースは稼働時間6か月((※フル充電下)というソーラーパワー機能を新たに身にまとっただけでなく、「耐磁」「耐衝撃」という頼もしい強靱さをも獲得した。

ダイアルにはスーパールミノバ(蓄光)を採用し、暗闇での活動を支援。その顔の最大の特徴でもあるハニカム形状のメッシュは、クロノグラフの視認性を損なうことなく、発電能力を左右するソーラーパネル領域をぎりぎりまで確保することに成功した苦心の作。

昼夜を問わない過酷なミッション遂行に必要な動力源として盤石の性能を有し、太陽光下ではもちろん、室内光でも効率的な充電を行う。けっしてミッションを妨げない実用性と信頼性は、隊員の心強いパートナーとして世界で、日本で、各地で輝きつづけてくれることだろう。

S14_01

ダイアルに彩られた陸・海・空自衛隊のロゴはそれぞれの正式採用されている制服のイメージカラーを忠実に再現。

S14_02

フル充電時の稼働時間は約6ヶ月間。太陽光下(参考環境下)であれば約5時間でフル充電が可能。


自衛隊員が求める次世代ミルスペックとは?

本モデル開発の長く険しい道のりは、次世代ミルスペックとは何かという追求の過程そのものであったといえる。その起点は、陸上、海上、航空の各自衛隊を象徴する新トライフォースの「定義」にあった。

腕時計はあらゆる状況下において、もっとも身体に肉薄した機械といえよう。新トライフォースは、陸・海・空のいかなるフィールドでも、まず何より信頼できる存在でなければならない。ミッション遂行に不可欠な隊員間の正確な時刻の共有には、微弱な光でも発電し稼働しつづけられるソーラーシステムと、様々な電子機器などから発生する磁気から時計の心臓部を守る耐磁構造が寄与する。

航空機の操縦時、計器類が破損したとしても手もとで燃料消費量を算出できるクロノグラフ。時速計測ができるタキメーター。射撃の光と音のずれから対手との距離を計測できるテレメーター。空だけでなく陸、海というフィールドにおいても、ウェアラブルな最強アナログ計測機器である。

もっともクロノグラフは、そのあまりに複雑多岐な構造ゆえに衝撃が天敵となる。苛烈な環境下での酷使を前提に考えれば、クロノグラフと耐衝撃構造を切り離して考えることはできない。加えて、海というフィールドでの活動には高い水圧に耐える構造も不可欠。

耐磁、耐衝撃構造、ソーラーシステム、クロノグラフ、200M防水。これらの機能を一本のウォッチに昇華させることこそが「次世代ミルスペック」の具現化であり、世界標準に甘んじない精鋭・自衛隊が呈示した定義だったのである。トライフォースのダイヤルの上で輝く「JSDF」正式ロゴと日本国旗は、けっしてお飾りではない。

S14_09

時速60キロから500キロまでを計測可能なタキメーターと、射撃の光と音のズレから敵との距離を測るテレメーターを装備。

S14_10

苛酷なフィールドにおいては、クロノグラフという精密機器と耐衝撃構造はセットで考える必要がある。


S14_11

ガラスには、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つと言われるサファイアガラスを採用。水圧や衝撃に耐えるとともに、クリアな視認性を維持する。

S14_12

ケースやメタルバンドはブラックIPで覆う。高い硬度を持つブラックIPは、苛酷な環境から時計を守る。


S14_03

ケースバックのスケルトンガラスは耐磁・耐衝撃構造を惜しみなく見せつつ、内部にシリアルナンバーをのぞかせる。

s14_20

ベゼル部のリングを使えば、移動速度の算出、落雷の位置の把握も可能で、野外でのミッションを心強くサポート。


陸、海、空のアイデンティティーが一目瞭然。
三種類のベルトが標準装備。  

ひとつのウォッチでありながら、陸、海、空の各自衛隊員がそれぞれアイデンティティーを実感できる方法はないか。
そんな要望に対してKENTEXは三種のベルトを用意した。

通気性と軽量性に優れ、面ファスナーによるフリーアジャスト機能により隊員服の上からの脱着も容易でアジャスト範囲も広いバリスティック・ナイロンベルト。通常のナイロン素材の5倍を越える強度で防弾チョッキにも採用される素材。このベルトは陸上自衛官を想定した。

最新鋭潜水艦をイメージした200M防水仕様のラバーベルトは海上自衛官を想定。

次世代機(F-35)をモチーフにステルスブラックをまとったメタルベルトは、もちろん航空自衛隊。

S14_05

S14_04

陸上自衛隊をイメージしたバリスティックナイロンベルト。

s14_06

海上自衛隊の最新鋭潜水艦をイメージしたラバーベルト。


専用ボックスへの名入れサービスも予定(※)

専用オリジナルBOXにはアジャストツールも収められており、ミッションに応じた換装も可能である。

特別な一本を所有するオーナーのためにBOX外側のプレートにも「シリアルナンバー」が刻印される。さらにKENTEX公式オンラインショップの「KNETEX DIRECT」では、独自の購入特典としてシリアルナンバーの下に名入れサービスも時期限定で行う予定とのことである。

※シリアルナンバーはすべての商品に刻印されます。お名前刻印サービスはKENTEX DIRECT独自のサービスとなります。

※当マガジンに使用されているウォッチおよびボックスの画像はプロトタイプを使用しています。そのため実際の製品と細部が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

S14_07

航空自衛隊をイメージしたメタルベルト。

S14_14

専用収納ボックス。BOX外側のプレートにも「シリアルナンバー」が刻印される。さらにKENTEX DIRECTだけの購入特典として名入れ刻印サービスも。


スペック・仕様


スペック
ケース径 46.5mm
厚み 15mm
重量 330g/134g(Metal/Other)
ムーブ 日本製ソーラームーブメント
3時位置DATE機能付き(J-SOLARシステム)
稼働時間 6か月 (フル充電時)
充電時間 5時間(参考環境:100KLX太陽光下)
  65時間(参考環境:3000LX蛍光灯下)
【参考】約1,000lx (1 klx) 太陽平均32KLX~100KLX
※二次電池使用(チタニウムリチウムイオンバッテリー)
電池残量1.2Vで2秒間隔警告表示、1.35Vクロノグラフ停止 (1.0Vで全停止)
3時位置DATE機能付き
ダイアル JSDFロゴ入りソーラーダイヤル
ガラス サファイアガラス
バンド メタル/ナイロン/ラバー
ケース 耐磁構造/耐衝撃構造
裏側スケルトン構造
ステルスブラックリュウズ※ブラックIP加工
防水性能 200M防水(20気圧)
その他 ケースバックシリアルナンバー刻印
専用BOX(アジャストツール、JSDFユーザーズカード)
SPECIFICATION
CASE 46.5mm
THICKNESS 15mm
WEIGHT 330g/134g(Metal/Other)
W.R. 200m water resistant

shoumen