CraftsMan 2824|クラフツマン2824

流行に左右されないライフスタイルに根ざした、本物の時計の追求

今回のクラフツマン・プロ2824のルーツともいえるETA2824機械式ムーブメントを搭載した初代クラフツマンは、2007年に発売し即完売となった記念碑的なウォッチでした。

おきまりの定位置で飾って眺めるだけではなく、仕事に遊びにいつもあなたのお供にしてもらいたい・・機械式ウォッチにとっては過酷ともいえる現代人の日常生活の中で、とことん使い込んでほしいというケンテックスの思いは、フラッグシップモデルに対しても例外ではありません。むしろケンテックスのフラッグシップだからこそ、究極の実用時計の使命を帯びて、蓄積した技術とデザイン力を集大成したモデルだといえます。

初代モデルによってその素晴らしい実用的有効性が実証されたクラフツマンのアイデンティティー。その主たる構成要素である「チタン」「耐磁・耐衝撃」「トリチウム」という三原則を堅持しつつ、今回のウォッチは、さらなるリファインを施しました。

01
02

進化は細部に宿る

このウォッチを手にしたとき、初代モデルとの違いとしてまず最初に感じるのはケースのバランス感。
これは残念ながら写真では伝わりにくいケンテックスの細部へのこだわりのひとつです。実際に手にとってつけてみると、何かが違う。それが何からもたらされているのか・・わずか3ミリメートルのケース径の違いがその解答です。前作のケース径40ミリに対し、今回のものは43ミリ。ひとまわりというには大げさすぎるほど、限りなく緻密なひとまわりの差です。そして厚みは前作と同じ。この結果、感覚的に「薄くなった」ような印象を受けるはずです。このモデルの絶妙なバランス感の秘密はここにあるのです。

ケース、バンドに採用された強靭なチタン材の表面には、ビッカース硬度2000の超硬質コーティング(IPH)処理を施し、キズがつきやすいというチタンの弱点をカバーしています。

トップガラスは両面に無反射コーティングのサファイアクリスタルを採用、高い透明性と視認性を確保。

ダイアルは前作の格子パターンに加え、新たに通常ムーブ仕上げに用いられるコートドジュネーブ仕上げが中央部に付加された美しい複合仕上げ。

ダイアルのトリチウム管は12本に増え(前作は8本)、さらに12時にはイエロー発光を採用し暗闇での時刻をいっそう読み取り易くしました。

落ち着いたエレガンスな外観を持ちながら中身は強靭なボディを持ったプレミアムウォッチです。

03

初代モデルとの違いとしてまず最初に感じるのはケースのバランス感。

ETAムーブメントを搭載しながら、裏スケルトンではない理由とは?

スイスの誇る信頼性の高いハイビートの高精度ムーブETA2824。せっかくの機械式ムーブメントなのですから、ケース裏側をガラスのシースルーバックにして、ムーヴメント自体の造形美も楽しんでほしいところです。

しかし、クラフツマン2824では、まるでその至宝を隠すかのように堅牢な裏蓋で覆っています。なぜでしょうか。

この美しいムーヴメントが動く様子をお見せできないのはほんとうに残念なことでしたが、じつはこれ、日常生活のさまざまな天敵から繊細なムーヴメントを守ることを優先した結果なのです。

04

耐磁構造:ケースは軟鉄製インナーを内蔵し、ダイアルは軟鉄材とBSとの二重構造にして耐磁性能を確保。64000A/mの超耐磁性能が強力な磁場においても高性能なムーブを保護。
耐衝撃構造:ケースインナーに樽型のラバー緩衝材を8個配置し衝撃を吸収。

04 (1)

耐磁をあきらめ裏スケルトンで薄くすることを一時は考えはしたものの、『究極の実用ウォッチ』への挑戦である以上、耐磁機能は外せないという結論に。


耐衝撃と耐磁構造に隠された開発秘話

高価な機械式時計を日常生活で気兼ねなく使うということは、ある意味で最高の贅沢かもしれません。

ショーケースに飾っておくウォッチではなく、いつだって腕の上で確かな時を刻んでくれるウォッチ、喜怒哀楽のすべてをともにしてくれるウォッチ、ヘヴィローテーションにも耐えることのできる機械式ウォッチとは何か・・ケンテックスからの回答がクラフツマン2824です。

ケースは二重構造となっており、内側には軟鉄で出来たインナーケースがあります。
インナーケースはムーブ外周を囲うリング状のものと裏ブタ側にあるものと二体になっています。

文字板は二層になっていて上はBS、下側の材質が軟鉄です。ムーブの外周をすべて囲ってしまうことで、軟鉄が磁力を吸収し、内側にあるムーブまで磁場が届かないのです。

メカムーブは金属でできているパーツが多く特にテンプやゼンマイなどが一度帯磁してしまうと、精度に悪影響が出てきます。特に精度の高いETA2824のような高級ムーブには、強い磁場から保護してくれる機能があれば安心です。
スピーカーや磁気ネックレス、また携帯時計にもかなり強い磁場が発生しますので、長い時間密着した場合などは帯磁することがあります。

いったん帯磁したものは、特殊な脱磁装置を使うなどしなければ、帯磁を解除することができません。

「実は耐磁仕様にするかかなり悩みました」と、橋本憲治マネージング・ディレクター。

もともと厚みの大きい機械式クロノムーブ・・軟鉄を入れる耐磁構造を取ると、さらに厚くなってしまいます。そのうえにマイクロガス管をダイアルと針に使うため、バーゼルフェアで参考出品された試作サンプルはけっこうな厚みになってしまったといいます。

耐磁をあきらめ裏スケルトンで薄くすることを一時は考えはしたものの、『究極の実用ウォッチ』への挑戦である以上、耐磁機能は外せないという結論に至ったそうです。鍵は、人間の視覚特性を応用したデザインと工夫を研さんすることで、この問題を乗り越えました。

このシリーズには、まさにクラフツマン(職人)のこだわりの血統が引き継がれているのです。

チタンの軽さと人体への安全性は医療級。しかしその欠点は?

軽くて強靭な材料であるチタンをケースおよびバンドに採用しています。

その軽量さと強靭さから航空業界におけるイメージの強いチタンですが、人体への親和性の高さから医療の現場でもさまざまなシーンで使われているのです。

しかしこのチタン、困ったことに傷がつきやすいという欠点があります。クラフツマン2824では、クラフツマンシリーズとしては初めてこの問題に対処すべく、IPH(Hv2000の超硬質めっき)コーティングを施しました。最初の美しさを長く楽しんでほしいという願いを込めて。

また、小さな気遣いですが、バンドのアジャストも半駒を入れて、長さの調節をしやすくしました。

05

06

トリチウム・・全くの暗闇でも20年間、自分で光りつづける スイスベータマックス社のトリチウムガス管発光システム。まったくの暗闇でも20年以上、自発光する驚異の技術。

このトリチウム管をクラフツマン2824では12本分をダイアルに採用しました。

12時位置の1本はイエロー、他の11本はグリーン。前作は8本+針2本の計10本のトリチウムだったことを考えても、たいへん贅をこらした仕様といえます。

07

両面無反射コーティングのサファイアクリスタルで高い透明性

トップガラスは両面無反射コーティングのサファイアクリスタルで高い透明性と視認性を確保しています。


08

限定生産の証。ケースサイドのシリアルナンバー刻印 88個の限定生産。ケースサイド9時側にNo.01/88~の限定ナンバーが刻印されます。


スペック・仕様


スペック
ケース径 約43mm
厚み 12.4mm
バンド幅(先端) 24mm
重量 約100g
ムーブ ETA2824
28800ハイビート自動巻き
三針 DATE
ダイアル ブラックギョーシェ彫り
トリチウムガス管(12個)発光システム
ガラス サファイアクリスタル両面無反射コーティング
バンド チタン材(比重4.5) IPH超硬質コーティング(Hv2000)
三つ折れソリッドバックル
ケース オールチタン
耐磁構造(軟鉄インナーケース)
耐衝撃構造(8個のゴムパッキン)
 IPH超硬質コーティング(Hv2000)
防水性能 強化防水100m
その他 88個限定生産品
ケース横 9時にNo. 01/88~の限定番号つき
SPECIFICATION
CASE 43mm
THICKNESS 12.4mm
BAND WIDTH 24mm
WEIGHT 100g
MOVEMENT Swiss ETA Automatic 2824
FUNCTION 28800 high beat, 3hands with Date calendar
DIAL Black patterned dial with soft iron double base.
12pcs Tritium micro gas illumination system.
Date at 3 o,clock
GLASS Sapphire crystal with anti-reflection coating
BAND Brushed Titanium with IPH hard coating (Hv2000)
Solid 3 fold type with double push buckle
CASE Brushed All Titanium with IPH hard coating(Hv2000)
Anti magnetic A/m 64000
(Soft iron inner case construction)
Anti shock construction (8pcs rubber gasket)
S.steel Crown with K logo mark
Titanium screw xase back
W.R. 10 Bar(100m)
Remarks Swiss Made
88pcs Limited Edition, serial number at 9o’clock case.
Kentex original box.