オールブルー

2016年10月発売予定のブルーインパルス T-4 20周年記念モデルのCGを入手しました。デザインCGなので、まだ細部や仕様が変更になる可能性はあるのですが、ブルーインパルスファンの皆様に一部公開しちゃいます!
ベゼルはもちろん、ケースバックからバンドにいたるまで全てブルーIP仕様で、強烈な個性を主張。

また今回、ブルーインパルスモデルとしては初めて、バリスティックナイロンのスペアバンドが付属します。ブルーIPのプレートが付いたこだわりの仕様です。

次回は6月にテストショットを公開する予定です。どうぞお楽しみに。

blue1

ハニカムメッシュのダイヤルは、ブルーインパルスモデルらしさとソーラーシステムを両立させるためのデザインです。5時のインデックスは、5番機パイロットのヘルメットをイメージして逆さまに。また7時から12時までのインデックスは、ブルーインパルスロゴの機体のデザインを踏襲しています。(画像をクリックすると拡大)

blue5

「ソロ課目」や、6番機とともに「デュアル・ソロ課目」を受け持つ5番機。T-4の性能を最大限に引き出したダイナミックなソロ課目を披露するため、高い技量が求められます。背面姿勢になることも多く、パイロットのヘルメットのナンバーは上下逆さまに付いています。(画像をクリックすると拡大)

bluelogo

ブルーインパルスのロゴマーク。編隊を組む黄色の機体イメージは、ブルーインパルスモデルのインデックスデザインに取り入れています。(画像をクリックすると拡大)

bando

スペアのバリスティックナイロンベルト。ブルーIPのプレートには、ブルーインパルスのロゴをエッチング。(画像をクリックすると拡大)