伝説の巨大魚「浪太郎」が棲む池。

池の発祥は地すべりによってできたすり鉢状の堰き止め湖で周囲800m、最大水深13m。原生林に囲まれているが、池岸の一部はグラウンドゴルフ場、キャンプ場として芝生が広がる。ボート遊びもできるほか、釣りもできる。生息魚はコイ、ギンブナ、ウグイ、ニジマス。浪太郎を狙うのも一興だ。
浪太郎は放流されたソウギョや青魚ではないかという説や、鯉や岩魚の巨大化したものという説、中にはチョウザメ説もある。現地で確認できたのはウグイの群れと、浪太郎の実物大オブジェだけだった。

体長4m。伝説の巨大魚「浪太郎」の正体は?

450mもの絶壁をもちロッククライミングの名所でもある明星山を後方に従えた天然湖の高浪の池は、その神秘的な姿に呼応するかのように体長4mもの巨大魚「浪太郎」の目撃談が1960年から1990年ごろにかけてささやかれ、その姿を捉えた写真もある。

泳ぎたくなる池だが残念ながら遊泳は禁止。禁止看板がなかなか粋で、「浪太郎が驚くので池で泳ぐのはやめてください」とのこと。英語も記されており、Namitaro is surprised.と、果たしてこれを見た外国人は意味を介するのだろうか。

(文・写真:市原千尋)

20151123233514

浪太郎の実物大(?)のオブジェが湖畔にたたずむ。

目の前の明星山は450mの大岩壁がそそり立ち、ロッククライミングの名所。

20151123233512

かつては神秘の山上湖だったが、現在は湖畔にキャンプ場やレストラン、ロッジなどが整備されている。

DCIM101GOPRO

それまで国内の遺跡から発見されるヒスイは外国産と思われていたが、ここ糸魚川支流の小滝川で国産ヒスイが発見されたことにより、日本随一のヒスイ産地として国の天然記念物「小滝川硬石産地」に指定された。

 

IMG_5116

今回の旅のお伴は、日常使いから旅までしっくりと馴染むスカイマン・パイロット。